白いモッフモフとの出会い-第三話-

↓↓あちこちでブツブツ言ってみる作戦開始ボタンはコチラ↓↓

この記事の所要時間: 約 55
流し読みの場合: 約 30

ども。

昨日の記事、

ちょっと引っ張りすぎたんじゃね?

ですよね・・・。

自分ではそんなつもり無くって、

書きたいことをそのまま書き綴ったら

思いの外引っ張った感が出ちゃってwww

今日はアッサリさっくり進めて

いきたいと思います。

あっと・・・その前に。

先日お客様より頂いたこちらをご紹介。

七味激辛せんべい

一味せんべい!!

貰ってから既に5枚ほど頂いたんですけど、

確かに一味が辛くて激辛の部類でもいいでしょう。

でも、一味の辛さって食べてると

慣れてくるんですよね。

んで調子乗って複数枚食べたわけですよ。

激辛一味せんべい

・・・・・・。

からの、

肛○

あかんあかんw

このタイプの激辛アイテムは

かなり遅延攻撃が得意なようで。

ダメダと分かってるのに食べたく

なる激辛の魔力。

恐ろしい。

今宵も肛○炎上の予報ですw

では今日もワンコのお話に参りましょう。

↓ この続きを読む ↓


では昨日の続きを書いていきましょう。

前回までの記事は以下のリンクよりご覧下さい。

白いモッフモフとの出会い-第一話-

白いモッフモフとの出会い-第二話-

前回の最後をおさらい。

匂いもいい感じだし、汚れていた足も

キレイになって、全身色柄クッキリ

真っ白で白さが際立ちますっ。

 

 

最後の仕上げにハイタ・・・(略w

 

あかんてw

ハイターに浸け込んで匂いを

完全に消去したい衝動を押し殺してw

お風呂から出てサッパリしたところで

私もワンコも晩ご飯です。

私の晩ご飯は準備されていますが

ワンコのご飯・・・ご飯・・・・

ウサギ用ペレット

しか無いがな。

ドッグフードとか犬飼ってなけりゃ

普通は無いよね。

どうしたもんか・・・・。

人間の食べる物を勝手にあげる

わけにもいかんしなぁ。

とりあえず冷蔵庫は私のテリトリー

ではないので、ワンコの食事は嫁に任せて

しばらくワンコと戯れて待っていると

これでいい?

(サッ)

おおぉぉっ。

これならワンコにも食べさせて

やることができますね。

嫁が用意してくれたのは

ボイルしただけのササミ。

味付けも何もしてないただのササミ。

ささみをほぐしてから食べやすい容器に

移してからワンコに食べさせ・・・・

(フゥーッ!フゥーッ!フゥーッ!)

 息荒ぇぞワンコw

まぁ待て待てw

よしよし、準備はオーケーだ。

ワンコの前に差し出して、

恒例の儀式ですよ。

ワンコに食事を出す時は

必ず目をしっかりと見・・・

(バクッ・・モシャッモシャモシャモシャ)

見て、待て・・・・って言って・・・

(モシャモシャモシャモシャ)

でででですよね・・・確か

(モシャモシャゴクッ)

 ・・・・・・・・。

(つぶらな瞳でこちらを見つめるワンコ)

あっ、おかわりですね(;´Д`)

このワンコを完全に満たしてあげられる

ほどのササミは我が家には無いので

ちょっと腹ぺこで申し訳ないが。

でもねワンコもガクガクブルブル

寒かった状態から解放され、ある程度

お腹も膨らんで安心したのか

気持ちよさそうに寝転がって居ます。

ペット用シーツ、水飲み容器、エサ容器、

先ほど体を拭いたバスタオルを

一ヶ所にまとめて置いて準備しておいた

場所に自ら身を寄せてくつろぐワンコ。

うむうむ、落ち着いてくれた様ですし

特に風邪なども引いて無さそうで一安心です。

これで私もやっと晩ご飯にありつけます。

ワンコは一晩だけですが我が家で

寝床を共にすることになりますが、

私はうさぎも飼っていてね、これがまた

うさぎさんは非常になんで

同じ部屋に入れてあげる事が

出来ないんですよね。

ワンコには申し訳ないが廊下で一夜を

過ごして貰う事になります。

ごめんねと言いながらリビングへと

スタスタと歩いて行くと

(カチッカチッカチカチッ)

私を見ながら付いてくるワンコ。

きゃわたん♡

いかんいかんwww

ワンコの可愛い瞳の誘惑に負けて

リビングまで連れて行ってしまいそうになりますw

ワンコの寝床まで誘導して伏せの指示。

(サッ ペタン)

相変わらず聞き分けが良く利口だ。

名前が分からなくて呼んでも無いのに

私の言うことをよく聞いてくれるワンコ。

子供達が夜中に起きてきて、居るはずの無い

ワンコを見て驚かないように、廊下の電気は

付けたままで就寝です。

さぁ・・・明日は忙しくなるぞっと(・∀・)b

この続きはまた次回更新で♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ