【後編】ベスパ100(Vintage)のキャブレターを交換してみよう!

↓↓あちこちでブツブツ言ってみる作戦開始ボタンはコチラ↓↓

この記事の所要時間: 約 59
流し読みの場合: 約 33

ども。

昨日お預かりしたボッロボロ

ビーノですが本日仕上がりましたよ~♪

昨日の今日で仕上がりが早い早い。

仕上がったビーノ

仕上がったビーノ

如何でしょうか。

安く仕上げるために中華外装を使用

させて頂きましたが、元の状態があまりにも

悲惨な状況だったので

振り幅(キレイさ)は絶大♪

スクーターの外装組み替えは

結構簡単なんですけどね、

このビーノはちょいと面倒くさい。

特にフロントフェンダーの交換に

手が掛かるんですよね。

ここですよ、ココ。

↓ この続きを読む ↓


そうそう。

足廻りを取り外して

こんな風にフロント廻りを一度完全に

取り外さないとフロントフェンダーを

交換出来ないんですよね~。

まぁでも今日中になんとか作業を終える

事が出来たので一安心です。

明日試乗をして問題が無ければ

洗車して磨き上げたら、午後には

配達に行けそうです♪

さぁて、ちょっと今日はブログを書く際に

ちょいと野暮用で時間が無くなりまして・・・。

急いで本文を書かないと何時に帰宅出来るのか

不安になってますw

急ぎますよ!

ではまずは今日の開店時のTODAYの

グリップ表面温度と明日の大阪の

天気予報をお知らせです。

TODAYのグリップ表面温度 開店時

4.2℃

曇りのち晴れ

曇りのち時々晴れ!

~06時:20% ~12時:10%

~18時:10% ~24時:0%

明日の大阪の天気は、冬型の気圧配置が続くため雲が

広がりやすく、北部を中心に雪や雨が降るでしょう。

雷を伴うところがある見込みです。

うーん・・・昨日と同じですねw

ってか、この時期は毎日雲が多くて

山間では雨が降る可能性が常に高い状態

って事ですね。

では今日の本題です。

先日からご紹介している

ベスパ100(Vintage)のキャブレターを交換してみよう!

ですが、今日は後編の最終回となります。

前回までの記事は以下のリンクよりご覧頂けます。

【前編】ベスパ100(Vintage)のキャブレターを交換してみよう!

【中編】ベスパ100(Vintage)のキャブレターを交換してみよう!

さて、前回までは確か

割れた破片

キャブレターを取り外して

割れている部分を確認したところまででしたね。

今日はこの続きを最後までご紹介していきましょう。

キャブレターが割れていたって事をお客様に

お伝えした事は既に書きましたが、

数日後にお客様がキャブレターを準備して

持って来て下さいました。

全く同じキャブレターが国内でどこも

欠品中だったらしく、入手に手間取ったと

言っていました。

お客様が自身でご準備されるって事で

手放し丸投げにはせず、こちらでも少し

調べて見たんですが、やっぱりどこも

欠品多数だったので心配していたんですが

無事に入手出来たようで安心しました。

 

んでこれが持って来てくれたキャブレターですね。

新品のキャブレター

古いキャブレターからエアークリーナーを

取り外しましょう。

エアークリーナーを取り外す

ナット2コで固定されているだけなので

簡単に外れます。

ずずずずずっと引いて取り外しましょう。

取り外す

取り外したエアークリーナーボックスを

新しいキャブレターに取り付けます。

エアークリーナーボックスを取り付けた

新しいキャブレターに古いキャブレターから

取り外したチョークケーブルを取り付けますが、

チョークケーブル

予めチョークバルブ部分にシリコングリスを

塗っておきましょう。

シリコングリスを塗っておく

こうしてシリコングリスを塗っておくと

チョークバルブが固まって動かなくなったり、

ワイヤーの腐食防止にもなります。

新品のキャブレターをマニーホールドに

セットして固定します。

締め付ける力は適度に、キュっと締まったら

それでOKです。

キャブレターを触ってガタがなければ

それで十分です。

キャブレターを取り付けた

チョークケーブル、スロットルケーブルも

取付け終えたら、最後に燃料タンクを取り付けますが

ガソリン漏れをなんとかしなくてはいけません。

なんでガソリンがこんなにも

ぽたぽたと出てくるんだろうかと

ガソリンコックを見ていたら・・・

ガソリンコック部

ボルトは締まっているんですが

ちょっと浮いてるんですよね。

緩んだのか元々なのか、作動部分が

グラグラするんで隙間から滲んでくるんですよ。

で、ボルトを締め直したらピッタリとガス漏れが

止まったので原因はここのボルトの緩みだったということで

一件落着です♪

で、これ以上実は写真無くて・・・・。

試乗した結果はというと、新品のキャブレターですが

エアースクリューなどの調整値などが

有っていなかったので、試乗を数回行って

合わせた位ですかね。

調子も良くなって、また普段通りの

ベスパに戻ってくれました♪

最後はちょっと写真も無くて締まりが悪いですが

こんな事もありますよw

最後まで読んで頂きありがとうございました。

また明日からは別の記事を書いていきますので

忘れずに明日も見て下さいね♪

じゃ、今日の作業はここまで!

最後に閉店時のTODAYのグリップ表面温度をお知らせです。

TODAYのグリップ表面温度 閉店時

0.4℃

ギリギリ氷点下にならずですね。

今日は時間が無くて動画編集が進んでいませんが、

明日中に仕上がる予定にしてます♪

日曜日には公開出来そう(*^_^*)

ではまた明日も元気でお目に掛かりましょう☆

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ