【第2回】FJR1300の集中アース不良を修理してみよう!

↓↓あちこちでブツブツ言ってみる作戦開始ボタンはコチラ↓↓

この記事の所要時間: 約 712
流し読みの場合: 約 415

ども。

お疲れ様です。

なんかこう考え事してたりとか、お話しながら手が寂しくなる事ってのがよく有って、別に話が退屈で聞いていないとか、興味ないとかそういうんじゃなく、根っからのながら主義なので自然と手が動いちゃうんですよねw

例えばペンを回してみたりとか、プッシュ式ボールペンを出したりひっこめたり、そういう事ってよくやりません?

まぁさすがにボールペンを出し入れするのはカチカチと煩いし、テーブルを叩くなんてのと同じで、話し相手が少しずつイライラしてくるので御法度ですが。

パズル

私の場合はこのパズルをポキポキさせながら話をしていたりしています。

このパズルについては以前にも冒頭記事でご紹介したことが有ると思いますし、昔から有るパズルって言うかなんていうか・・・

マジックスネーク

これ、正式名称がマジックスネークって言うんですね。初めて知りましたww小さい頃にもっとしっかりとした造りの物を持っていた記憶がありますが、今でも売っているのかとアマゾンで調べて見たら、ちゃんと売られてはいたのですが・・・???って感じです。

今日もいつもの

明日の大阪の天気予報

晴れ時々曇り

晴れ時々曇り!

降水確率と概況

~06:0% ~12:0%

~18:10% ~24:10%

明日の大阪の天気は、北部や中部では高気圧に覆われておおむね晴れますが、南部では湿った空気の影響により、おおむね曇りで雨の降る所がある見込みです。

ここからが今日の本題

先日からご紹介している、

FJR1300の集中アース不良を修理してみよう!

ですが、今日は第2回目となります。

前回の記事は以下のリンクよりご覧頂けます。

前回までの記事

ども。 お疲れ様です。 今日は朝からお店のお片付けです。在庫していた新品の部品やその他諸々、溜めに溜めた部品類を全て棚ごと処分です。 まぁ出るわ出るわ・・・。午前中だ...

前回までのおさらい

パネルを取外した状態

前回まではたしかトラブル内容とその症状が出ている動画をご覧いただき、インナーパネルを左右共に取外した所まででしたね。

今日はこの続きをご紹介していきましょう。

作業開始

リレーの動作確認

リレー

メーター周辺にはこのタイプのリレーが複数個配置されており、マイナスアースはリコール対策済だし、電気の流れ方に異常があるということはあの動画を見れば一目瞭然ですよね。

なので、このリレーが悪さをしているのでは無かろうかと考え、とにもかくにもまずは確認をしておこうという事になりました。

パーツリスト リレーアセンブリ

これは国内仕様のパーツリストですが、パーツリスト左上の赤丸印が写真のリレーですね。これがヘッドライトリレーなのか、なんのリレーなのかパーツリスト上の名称では判断が付きませんが、こういった電装系のトラブルの場合にリレーの動作を疑っておくのは悪くない。

リレーの動作確認

まずはリレーをステーから取り外し、そのままイグニッションONにしてみましょう。

当然ですがインジケーター類がぼんやりと点灯し、トラブルが絶賛継続中である事が分かります。

この状態で少し荒っぽいですが、リレーにコツコツと少し衝撃を与えてみて、動作に変化があるか確認して見ましょう。

(コツッコツッ)

うむ、変化無しじゃの。

って事で次のステップに移行します。

リレーを取外すと?

リレーを取外した

リレーをカプラから取外しました。

この状態でもう一度イグニッションをONにして、電装系にどういう影響が出ているか確認してみました。

インジケーターが消えた

リレーを取外した状態でイグニッションをONにすると、ぼんやりと点灯していたウインカーやハイビームのインジケーターが消えました。

つまり、今取外したリレーはこの周辺に電源を供給しているラインに接続されていて、何かしら今回のトラブルの一因となっている可能性があるという事。

ウインカーが消えた

ウインカーもインジケーターと同様にちゃんと消灯していますね。

先ほどのリレーが諸悪の根源とは言えませんが、何かしら影響があるのかも・・・という疑いはまだこの段階では晴れません。

もう1つのリレー

バッテリー横にも同じリレーが

パーツリスト上で2つ載っていたと思いますが、右側のバッテリー奥にも全く同じリレーが配置されています。

つまりこの右側のリレーと左側のリレーを入替れば、また何か変化があるのでは無かろうかと考えました。同時に2つのリレーがお馬鹿になるということは考えにくい為、左右のリレーを入替えて症状が改善すれば、先のリレーが今回のトラブルの原因と言う事で一件落着。

左右のリレーを入替えても症状が変わらなければ、リレーが両方共お馬鹿になっている、または、リレー以外の部分に問題があるという事になります。

トラブルシューティングというのは、常にこういう条件分岐で事を進めていくのが常。

電装系は特にこういう作業に時間を多く取られますので、結果や原因が判明したところで結局些細な原因だったなどという理由であまり工賃請求を出せない・・・というのはバイク屋あるあるなんですよね。

それに、こういう手順をお客様に理解して頂くのはなかなか困難で(;´Д`)

リレーの入替

右側のリレーも取外した

右側に配置されていたリレーも取外しました。

これを左右入替えて確認しますが、左右を間違えず元通りに出来る様にどちらか一方にマークをしておきましょう。

まぁそもそも両方共に全く同じリレーなのでマークしなくても良いといえば良いのですが、症状が出たり入ったりする可能性も加味すれば、どちらのリレーなのかはハッキリしておくに越した事はありません。

マークしたリレーと入替えた

マークしてあるのが左側に元々取付けされていたリレーですね。

なお、このリレーは4芯の差込みを有しているのと、右側のカプラが特に着脱しにくい場所にあるため、取付ける際はシリコングリスを塗っておくと着脱が容易になります。

シリコングリスを塗っておく

ほんとに固くて固くて・・・。左側は開放的な空間があるので着脱は容易なんですがねぇ。。右側が特に狭くて力も入らない。

ヘッドライトが上側に被るように配置されているので、指は入っても力が入ら無いんよね。

右側のリレーを取付けた

その上、脱落防止のために一般的なカプラのような固定方法とは異なり、かなりキッチリとカプラというか囲いの中に収まる様になっているので、無理に力を入れすぎると割れてしまう可能性すらあります。

リレーの着脱時には十分に注意しましょう。

再確認

リレーを入替えて再確認

一縷の望みを託して再びイグニッションON。

結果はご覧の通り・・・変化無し(-ω-)

リレーを左右入替えてみましたがダメでしたね。と言う事は、この時点でリレー単独での動作不良という可能性はかなり低くなりました。

もちろん、先ほど言ったように両方共にリレーがダメになっている可能性はゼロではありませんがその可能性はかなり低いでしょう。

リレーの可能性が低くなったため、ここでヤマハ整備相談に連絡し現在の状況を伝え、何か解決の糸口を貰えないかと相談しました。

もちろん、輸出仕様車であるため相談窓口としてもあまり詳しい話は出来ないというスタンスでしたが、親身になって配線図などを電話口で確認しながらリレー以外の可能性を2人でうーんうーん言いながら探りましたw

そして。

なるほど。

という結果に到達したわけです。

っていうか、もうそれ以外に考えられないという事でお互いの意見が一致したって事。

その内容については、また明日更新の記事で追々説明しながら作業を進めていきたいと思います。

じゃ、今日の作業はここまで!

あとがき

あぁ・・・腹減った(´ε`; )

ラーメン食べようか悩んだけど我慢したわ。ポテチもあったけど今はそんな気分じゃ無かったしなぁ。やっぱり昼ご飯の量が少なすぎるのか。

やっぱり米食わにゃ力でないのぉ。

最近は店で昼食を取る事が多いのでドンにもあまり行けてない。久し振りにエビフライ定食食べたいし、カツカレーも食べたいのぉ・・・。

ドンのエビフライ定食

あぁやべぇwwww超うまそうwww

早く帰ってご飯食べて寝ますm(__)m

ではでは、また明日も元気でお目に掛かりましょう☆