【第1回】RSV Milleのエンジン始動不良を修理してみよう!

↓↓あちこちでブツブツ言ってみる作戦開始ボタンはコチラ↓↓

この記事の所要時間: 約 620
流し読みの場合: 約 344

ども。

いやぁ~今日はまた一段と蒸し暑い1日になりましたよね。未だに長袖のツナギを着て仕事をしているので暑いのなんのって。

そろそろ半袖に着替えても良い気がするのですが、帰宅する深夜はまだまだ震えるほど寒くってなかなか半袖に着替えられないんですよね。

それに、手持ちの半袖ツナギがいよいよ使用限度になったからと言って、去年の夏をもって処分したのを思いだしたんよね。そう、タンスを開けてから。

まぁ閉店も近いし今更半袖のツナギを買うのも勿体ないので長袖で我慢しているってのが一番の理由なんですがwww

注文していたツナギ・・・

袖を破り捨ててどこぞの世紀末伝説に出てくるザコキャラっぽく振る舞ってみようか。いや、それも勿体ないか。閉店した後も自分のバイクの整備したりする時にも使うし惜しいよね。

さぁ今日も張り切って参りましょう♪

昨日、今日でまた頂き物が増えましたのでご紹介していきたいと思います。

今日もいつもの

明日の大阪の天気予報

晴れ

晴れ!!

降水確率と概況

~06 ~24:0%

明日の大阪の天気は、今日に引き続き高気圧に覆われて晴れる見込みです。

日中は30度を超えて蒸しばむ陽気となりますので水分補給などはお忘れ無きよう♪

ここからが今日の本題

車両紹介

アプリリア RSV Mille

アプリリア RSV Milleですね。

今回の入庫はタイトルにもある通りエンジンの始動不良です。

始動不良と言ってもエンジンは始動出来るんですよね。でも、スロットルを操作するとエンジンがストールしてしまったり、何度もエンジンを始動させているとしまいにはエンジンも掛からなくなったり。

でも、しばらくおくとまたアイドリングだけは問題無く出来る様になったりと、なかなか手強そうな症状です・・・(´-ω-`)

動画

ね?

エンジンは始動出来るんだけどやっぱりスロットル開けるとストールしちゃうんですよね。じんわりと絞るように開けていってもやっぱりストールですわ。

とりあえず、ダイアグモードがあるのでまずはそれに何か記録されていないか確認して行きたいと思います。

シートの取外し

固定ボルトの取外し

シート後方を少しめくり上げた所に固定ボルトがあります。

2本取外してスライドするようにすればシートを取外すことが出来ます。

シートを取外した

シートを取外すと見慣れぬバッテリーが・・・。

リポバッテリー

SHORAIのリポバッテリーですね。

電解液も鉛も入っていないタイプのバッテリーなので、まるでオモチャのように軽くて頼りない感じがしますが、容量的には鉛バッテリーに負けるとも劣らない性能で、バッテリーボックスの大きさに合わせるために無理やりバッテリーサイズに合せているんですよね。

だから中身は半分以上すっからかんなんだとか。

本来ならもっと小型化できるのですが、それだと互換とは言えスペースが無駄にあまったりしてしまうし、しっかりと固定出来無いんですよ。無駄だけど必要な無駄って感じですww

でもこのリポバッテリーって、まだまだ不安定というか何というか、逆接続すると急激に発熱したり火災に発展するとかで怖いですよね。

それに、振動による影響でリポが割れてしまい性能を発揮出来なくなるとか。

サイドパネルの取外し

サイドパネル

ダイアグコード読み出しのために、カプラを繋ぎ合わせる必要が有ります。

固定ボルトを取外したらサイドパネルを取外しましょう。

サイドパネルを取外した

サイドパネルを取外すとシートレールに沿う様にして大小2つのカプラと、管ヒューズを装着するようなプラスティックのギボシだったかな?

ダイアグ設定用カプラ

ダイアグ用カプラ

この外されたこれダイアグ設定用配線となっています。

緑と緑/白配線ですね。

カプラを接続する

この配線をこうして接続しておきましょう。

ダイアグの読み出しが終わったらカプラを取外して元通り戻してくださいね。

エラーコードの表示

ダイアグ エラーコード表示

カプラを接続した後、イグニッションキーをONに回すと、液晶ディスプレイ上に保存されているエラーコードが表示されます。

今回は1(または-1)が表示されているので、保存されたエラーコードは無しと言うことになります。

数値が-1の時はTPSがズレているので調整しましょう。TPSの調整についてはまた後述しますので少々お待ちを。

エラーコード表

Component Fault Code Possible Cause
Camshaft position sensor 11 Sensor not connected.
Sensor broken.
Wiring faulty.
Crankshaft position sensor 12
Intake pressure sensor 13
Intake pressure sensor 14 Excessive pressure difference between two pressure sensors
Throttle position sensor 15 Sensor not connected.
Sensor broken.
Wiring faulty.
Coolant temperature sensor 21
Air temperature sensor 22
Atmospheric pressure sensor (inside ECU) 23 Sensor faulty
Ignition coil 1, Front cylinder 33 Ignition coil faulty or wiring not connected
Ignition coil 2, Front cylinder 34
Ignition coils 1 and 2, Front cylinder 33,34
Ignition coil 1, Rear cylinder 35
Ignition coil 2, Rear cylinder 36
Ignition coils 1 and 2, Rear cylinder 35,36
Fall Sensor (tip-over sensor) 41 Sensor not connected.
Sensor broken.
Wiring faulty.

※エラーコード読み出し時にはエンジンを始動させないこと

この続きはまた明日更新の記事でご紹介したいと思います。

じゃ、今日の作業はここまで!

あとがき

今日は牛丼食べること出来無かったから明日は食べたいねぇ・・・。今日は結局焼きそば食べちゃったし。

明日は朝から予約が入っているのでがんばります♪

あともうちょっと・・・10日ほど・・・死ぬ気でがんばらねば。。。

ではではまた明日も元気でお目に掛かりましょう☆