【第1回】ドラッグスター400のキャブレターをオーバーホールしてみよう!

↓↓あちこちでブツブツ言ってみる作戦開始ボタンはコチラ↓↓

この記事の所要時間: 約 729
流し読みの場合: 約 425

ども。

ゴールデンなウィークが過ぎて

今日からいつも通りの日常がやって参りました。

朝から間髪入れずにほんっといつも通りの

日常に復帰で息つく暇もありません。ええ。

でも・・・最近・・・いや、結構以前から

薄々感じてたんですけどね、私・・・・多分、

事好きなんだと思うw

ぎゅうぎゅう詰めにされればされるほど

やりがいを感じるって言うかなんて言うかw

いやまぁ、それはエエとしてですね・・・・

この写真見て見て。

椅子が1つ足りない

なんか右側に1つ足りませんよね?

誰や!!!うちの

コカコーラの椅子パクったのwww

マジ返して下さいwww

どうせなら木の椅子持ってってくれよ。

高いんだからなあのベンチwww

防犯カメラも有るんですが・・・・・・

全部見るの結構大変でw

ベンチ如きでそんなにも時間費やすの嫌だし。

だからそっと返してw

切に願いますw

↓ この続きを読む ↓


ほんっと物騒ですわ。

今まで他にも盗られた物があってね、

洗車用のバケツも盗られたし、

洗車用の洗剤入れてるボトルも盗られたし、

あぁそう言えば昔~昔に傘も盗られたっけかw

こんなにも田舎なのにねぇ~嫌ですね~

人の物盗るだなんて。

あぁやだやだ。

で、連休明け初日に早速お客様が

数人ご来店下さり、こんなお土産物を

頂きましたよっと。

東京スカイツリーのチョコ

東京スカイツリー クリスピーホワイトチョコ!

しかも半溶けwwwww

ああああああありがとうww

スカイツリーの先端部分が微妙に溶けて

潰れてましたが、美味しく頂きました♪

ええ、ええ、ホワイトチョコは苦手ですが

この位の量ならば美味しく頂けます。ハイ。

1個だけですしw

東京土産はひよことばななって定番

ですけど、近年はスカイツリーの影響で

こういった商品も増えてきたんだとか。

まぁ飽きてきたしちょうどええでしょw

さぁ気合い入れて今日からまたいつも通り

ブログ更新です♪

では今日もいつもの開店時の

TODAYのグリップ表面温度と

明日の大阪の天気予報をお知らせです。

TODAYのグリップ表面温度 開店時

23.8℃

曇りのち晴れ

曇りのち晴れ!!

~06時:10% ~12時:20%

~18時:20% ~24時:10%

明日の大阪の天気は、気圧の谷の影響で

雲が広がり、南部を中心に昼前から

夕方にかけて雨の降るところがある見込みです。

来週月曜日から火曜日に掛けて

雨が降る予報が出ています。

そろそろ5月ですし梅雨入りも目前かと

思われますので、雨具の新調などは

お早めにどうぞ~♪

では今日の本題です。

まずは車両のご紹介から。

ヤマハ ドラッグスター400

ヤマハ ドラッグスター400(4TR)ですね。

今回はキャブレターの不調で

お預かりしました。

エンジンが掛からないどころか、セルを回すと

ガソリンがオーバーフローしてくるという状況です。

つまり・・・長期保管車と言うことですw

流れ出てくるガソリンも臭いのなんのって。

匂いだけでガソリンが緑色になっているのが

分かるほどのグッドスメルですw

キャブレター内部が相当詰まっていると

予測される事態ですので、早速

キャブレターを分解してオーバーホール作業を

実施していきたいと思います。

今回使用する写真枚数は約200枚なので

全8回ぐらいになるかな~?

10回ぐらいかな。

とにかく、長くなりますのでお付き合いの程

宜しくお願いしまーす♪

では早速作業開始です。

まずはガソリンタンク後部の固定ボルトを

取外してっと。

ボルトを取り外す

後部の固定ボルトを左右共に取り外したら、

続いてタンク上部に配置されている

スピードメーターを取り外しましょう。

カバー部を固定しているヘックスボルトを

3本取り外してっと。

ボルトを取り外す

ボルトを取り外したら、メーターを

グイッと持ち上げてっと。

メーターを持ち上げる

メーター裏には配線とスピードメーター

ケーブルが差し込まれているので、

工具が入るぐらい持ち上げたら

長いラジオペンチを入れてケーブルを

取り外しましょう。

配線カプラについてはメーターケーブル

取外し後に取り外せば良いでしょう。

メーターケーブルを取り外す配線カプラを取り外す

スピードメーターを取外し終えたら、

次はタンク内部の圧抜きホースを

取り外しましょう。

ホースを取り外す

ホースも取外し終えたら、次は

ガソリンコックをOFFにして

ガソリンホースを抜き取ります。

ガソリンホースを抜く

ホースを抜き取り際に、少量のガソリンが

必ず漏れますので、事前にタオルなどを

周辺に準備しておくように。

もちろん、火気厳禁で作業してください。

ガソリンホースも抜き取り終えたら、

ガソリンタンク後部を持ち上げて

少し浮かせながら、スピードメーターケーブルと

配線カプラをタンク下へと押し込んでっと。

配線カプラを抜く

ホースはガソリンタンクを取り外す時に

スルスルスルっと勝手に抜けますので

あえて抜いておく必要は無いでしょう。

ガソリンタンク前部のフチがフレームと

接触してキズが付かないように加減しながら

後部を持ち上げつつ、後方へとズラしながら

ガソリンタンクを持ち上げていきましょう。

タンクを持ち上げる

んでゆっくりとタンクを車体から

取り外してっと。

タンクを取り外した

ガソリンタンクの取外しが終わったら

続いてエアークリーナーボックスを

取り外して行きましょう。

エアークリーナーボックスの

固定ボルトを2本取り外してっと。

固定ボルトを取り外す

ボルトを取り外したら次は

ダクト部分のバンドを緩めましょう。

バンドを緩める

バンドを緩め終えたらあとは

エアークリーナーボックスごと取り外しましょう。

エアークリーナーボックスを取り外した

さぁどんどん作業を進めます。

続いてダクトとチャンバー部分のバンドを

予め緩めておきましょう。

バンドを緩める

取外しはチャンバー部分を取り外してから

になりますので、今はまだ緩めておくだけでOKです。

キャブレターに接続されている

ガソリンホースを取り外しておきます。

※ガソリンが漏れますのでタオルを用意しておくこと

ホースを取り外す

ホースの隙間からドライバーを

入れてチャンバー部分とキャブレターを

繋いでいるダクトのバンドを緩めましょう。

バンドを緩める

バンドを緩め終えたらブローバイホースを

チャンバーから抜き取りましょう。

ブローバイホースを抜き取る

ブローバイホースを抜き取ったら、チャンバーを

引いてキャブレターから取り外しましょう。

ポコンっと簡単に外れますよ。

チャンバーを取り外した

エアーチャンバーを取り外してから

エアークリーナーボックスと繋いでいた

ダクトを上方へと向かって取り外しましょう。

ダクトを取り外す

さて今日はタンクの取外しとエアークリーナー一式の

取外しまで終わりましたので、この続きは

また明日更新の記事でご紹介したいと思います。

じゃ、今日の作業はここまで!

最後に閉店時のTODAYのグリップ表面温度をお知らせです。

TODAYのグリップ表面温度 閉店時

18.2℃

連休明けの初日から沢山のお客様に

ご来店頂き、また沢山のお客様からの

お問い合わせや修理のご依頼を頂けて

嬉しい限りで御座います。

明日も修理でご入庫されるお客様が

複数いらっしゃいますので、

早くも閉店出来るのか心配

なのですww

今日の時点でも預り車両がかなり

多い状態なので、明日3台~4台預り車両が

増えたとして・・・・明日2台ほど修理あがりで

お返しして・・・・・・・・・・

2台増えるがなw

今日でも閉店作業がギリギリだったのに

また明日も一杯イッパイでギリギリになりそうですw

ではまた明日も元気でお目に掛かりましょう☆

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ