【最終回】TW225のシリンダーヘッドからの異音を修理してみよう!

↓↓あちこちでブツブツ言ってみる作戦開始ボタンはコチラ↓↓

この記事の所要時間: 約 848
流し読みの場合: 約 512

ども。

いつぞやの冒頭で書いた遠くロシアからの問い合わせが有ったというあの件。

ども。 このブログも気が付けばいつの間にか そこそこ知名度が上がり、Yahoo!知恵袋などで ベストアンサーの参考URLとして 記載されることが随分と多くなりま...

その後も何度かやりとりを行い、電装系にもトラブルが出ていた様で配線図も欲しいとのことだったので、スズキから取り寄せてお送りしました。

ーーあれから2週間。

昨日写真が添付された嬉しいメールが届きました。

ロシアからデスペラード400復調のお知らせ

■Thank you!
thank you friend. I adjusted the carburettors. The motor works perfectly!

I’m grateful to you when I’m on the highway.
(以下私的訳)
ありがとうやであんちゃん。ワイ氏、早速キャブレターを調整したったで。
エンジンもっっっそいエエ感じなったわ!ぱーぺきやっ!

またハイウェイをかっとばせるのは全部あんちゃんのおかげやでぇ。
ほんまおおきにやでぇ♪

いやぁ嬉しいですね~無事にデスペラードは復調したそうです♪

出来れば個人的には腕毛と胸毛ぼぉぼぉで、ガイル少佐の様な方がデスペラードに跨がって、ъ(゚Д゚)←こんな風にしてる写真が良かったのですがwww

日本ではあまり見かけることが無くなった、フリンジグリップカバーを風に靡かせながらハイウェイを爆走するデスペラード・・・どうしよ・・・・もやしっ子やったらwwww

ってか、想像するの楽しいw

今日もいつもの

開店時のグリップ表面温度

TODAYのグリップ表面温度 開店時

15.0℃

明日の大阪の天気予報

曇り時々晴れ

曇りのち時々晴れ!

降水確率と概況

~06時:40% ~12時:20%

~18時:30% ~24時:10%

明日の大阪の天気は、寒気を伴った気圧の谷や湿った空気の影響で、北部では明け方にかけて雨が降り、雷を伴う所があるでしょう。中部や南部では、おおむね曇りで雨や雷雨の所がある見込みです。明日は時間に余裕があれば車検にいく予定にしていますが、朝から走り回らなきゃだからちょっと厳しいかなぁとも思ってます。ええ。

まぁ水曜日でも良いんですけど、年度末なので1日でも早く陸運局での申請を終わらせておくに越したことは無いですからね。

ここからが今日の本題

先日からご紹介している、

TW225のシリンダーヘッドからの異音を修理してみよう!

ですが、今日はついに最終回となります。

前回までの記事は以下のリンクよりご覧頂けます。

前回までの記事

ども。 今日までずっと忘れていたんじゃ無いです。 ちゃんと昨日の夕方お買い物に行って買って来ました。ほんとはお休みの日に買う予定でしたが、すっかりちゃっかりしっかり例にも漏...
ども。 今日もお疲れ様でーす♪ もう一日中鼻がモゾモゾグズグズだし、目も痒いしコンディションは最悪です。 今日は日中も天気が良くって風も殆ど無く、花粉症を患っていなけ...
ども。 どないしたんや・・・めっちゃ寒いがな!(((´;ω;`))) これがいわゆる寒の戻りってやつですよね。わたしは見ていませんが、関東方面では雪が降ったそうで。もう3月...
ども。 これは今日実際に私の目の前で起きた事実です。 当時自分でも当初何が起きたのか全く意味不明で、まさかこんな事が現実に起こるなんて・・・そう思いました。一瞬は恐怖にも似...
ども。 今日もお疲れ様でーす♪ 明日から始まる3連休、レジャーやツーリングなどなど色々と計画されていることと思います。卒業式などもこの時期に行われている事が多いですね。 ...
ども。 貰ったで!!! 以前、このペヤング焼きそばなっとう味の記事を書いてから、セブンイレブンに立ち寄る度に売っていないかチェックしつづけ、どこにも売ってないくて途...
ども。 もう無理です・・・花粉で目も終わってるし鼻も死んだwwww 早くも点鼻薬の効果持続時間が短くなってきてるし、日増しに症状が酷くなってきているのが分かります。ええ。マ...
ども。 お疲れ様です。 今日は連休明けで朝から予定がギッシリです。手を付けると途中で止めることが出来無い作業が多く、後に続く予定時間などを加味しながらびっちりと作業尽くしで...
ども。 昨日はガソリン臭が店中に充満する中、ブログのお休みを頂きありがとうございました。お陰様で今日もガソリン臭くて何よりで御座います(-ω-) 連日キャブレターのオーバー...
ども。 今日は朝からご予約頂いていた近所のお客様宅へと出張修理に行って来ました。 修理内容は単純なバッテリー上がりで、予めお客様自身で手配されたバッテリーと車両のカギは受け...

前回までのおさらい

バルブスプリングシートも取外した

バルブステムシールを取外し、エンジンオイルの上がりと下がりについてちょっと脱線してお話したところまででしたね。

今日はこの続きを最後までご紹介していきましょう。

作業開始

取り寄せた部品

新品のバルブステムシール

これがメーカーから取り寄せておいたバルブステムシールですね。

取外す時はちょっとクイッと持ち上げる様に取外す必要が有りましたが、取付ける際は指で簡単に入れることが出来ます。

新品のインテークバルブ

そしてこちらが新品のインテークバルブですね。

よほどの事が無い限り新品なんて注文することが無い部品です。そのまま燃焼室側から差し込んで、バルブスプリングを取付けて完了~と言いたいところですが、組付け時には先ほどのバルブステムシール取付けにも使用しますが、こちらを使用すると抜群です。

アッセンブリペースト

ワコーズ アッセンブリペースト

ワコーズ製アッセンブリペースト(ASP)ですね。

エンジン組立時に重宝するケミカルです。簡単に機能をご紹介しておきましょう。

効能

このアッセンブリペーストは、エンジン内部の部品を組付ける際に使用するエンジンオイルに代わりに使用する事が出来ます。

エンジン内部の部品を組付ける際、必ず各部品に予めエンジンオイルを浸けながら組付けていく事になりますが、エンジンオイルは時間の経過と共に少しずつ流れてしまいます。

また、場所によっては組付け時に塗ったエンジンオイルがあっという間に流れてしまい、組付け後のエンジン初期始動時に油膜切れを起こしてしまい、カジリや焼き付きなどを引き起こす事が有ります。

しかし、このアッセンブリペーストの場合は名前からも分かる通り、ペースト状になっているため時間の経過に関わらず、長期的に油膜を維持して部品を保護してくれるのです。

もちろん、エンジンオイルに溶け込んでも問題が無い成分ですのでご安心ください。

特に始動時から高い負荷が掛かるカムシャフト、今から組付けるバルブ周辺、シリンダー内壁などにはもってこいの商品なのです。

エンジンオイルを使用した際のように、部品類がオイルでベタベタになるような事も有りませんし、作業効率もアップするのでオススメです。

インテークバルブの組付け

バルブステムに塗っておく

バルブステム部分にアッセンブリペーストをしっかりと塗っておきましょう。

緑色で独特の匂いがしますが決して美味しそうな匂いではありませんwwどちらかといえば、一嗅ぎで身体に悪そうな匂いがします(゜д゜)

燃焼室側から差し込む

燃焼室側からインテークバルブを差し込んでおきましょう。

細かく燃焼室内に残っているカーボンは後ほど除去しておきました。また、シリンダーヘッドとシリンダーの合わせ面については、既にオイルストーンによる研磨作業も完了しています。

リテーナー、コッターピンの組付け

バルブスプリングとリテーナーを載せる

インテークバルブを入れた後、バルブスプリング2本とリテーナーを載せておきましょう。バルブスプリングには上下はありませんのでお好きな方でどうぞw

ちなみに、写真はありませんがこのリテーナーもバルブスプリングも新品を使用しています。

コッターピンを載せる

リテーナーまで載せ終わった所に予めコッターピンをセットしておきましょう。

小さいので指が太い人にはちょっとイライラするかもしれませんが、落ち着いてリテーナーの中にゆっくりとおさめてあげてくださいw

コッターピンをセットし終わった

はい、こんな感じでリテーナーの内側にコッターピンをセット出来ましたか?

バルブスプリングコンプレッサーでバルブスプリングを押さえ込んでから、割り箸やピックなどでコッターピンを入れる方法なんて、効率が悪くてダメですよ?

こうして先にコッターピンを入れておき、バルブスプリングコンプレッサーをゆっくりと操作して縮めていくと、自然とコッターピンが填り込んでくれますから。

もちろん、多少は操作しながらバルブステムに対してスプリングが真っ直ぐと押し込まれる様に、バルブスプリングコンプレッサーを調整しながらにはなりますが。圧倒的にこの方法の方が作業効率があがるのでオススメです。

ブルジョアな方はハスコーの特殊工具をどうぞwwww

ハンマーでパコンッ!と1叩きだけであっという間にコッターピンの組付け完了ですから凄いわ。

バルブスプリングの組付け完了

バルブスプリングの組付け完了

しっかりとコッターピンが填まっているのを目視で確認するだけで無く、バルブステムエンドに当て物(木片等)をしてから、ハンマーで叩いて強制的にバルブを動作させ、コッターピンの座りを良くしてあげてください。(数回程度でOKです )

この作業を忘れていると、コッターピンの座りが悪かった場合、エンジン始動時にコッターピンが外れてしまい、エンジンに重大な損傷を与えてしまう場合があります。必ずバルブを叩いて座りを良くしてあげましょう。

ロッカーアームの組付け

ロッカーアームを組付けた

ロッカーアームを予めシリンダーヘッドに入れてから、アッセンブリペーストを塗ったロッカーピンで固定しましょう。

またロッカーアームのスリッパー部分や、カムシャフトのジャーナル部などにもアッセンブリペーストをしっかり塗っておくのをお忘れ無く。

カムシャフトの取付け

カムシャフトを組付ける

カム山部分、ジャーナル部分にしっかりとアッセンブリペーストを塗ったカムシャフトを組付けます。

この時、カムスプロケットの取付け位置決め用のピンが真上を向く様にしてセットしましょう。まぁそれ以外の状態だとシリンダーヘッド内に入れることが出来無いんですけどね。

写真からでも分かる様に、シリンダーヘッド側がカム山の形に切削されていて、まるで知育玩具の様に形を併せてしか入れれなくなっています。

いきなり完成動画

ほんっと申し訳ないwww

組み立てる部分の行程が完全にすっぽ抜けてしまってて・・・・。

でも、症状が特異でしたし中途半端と分かっていても書かねばならない使命感を感じまして(;´Д`)とりあえず、これで写真は終わりですが最終的にこのエンジンがどんな風になったかはこの動画をご覧下さい。

異音完全解消♪

もちろんコンディションも抜群です。試乗テストも実施しましたが何ら問題無しでした。一時はどうなることかと危ぶまれましたが、必要最低限の部品交換だけでトラブルを解消できて何よりでした。

すんごい中途半端な終わり方になってしまって申し訳ない気持ちで一杯ですが、時にはこんな記事があるってのもご理解下さいましwww

じゃ、今日の作業はここまで!

閉店時のTODAYのグリップ表面温度とあとがき

TODAYのグリップ表面温度 閉店時

10.6℃

さっきまで雨が降っていましたが、今は止んでくれた様で帰りはカッパ着ずに帰れそうです。今日は洗車もしてたおかげか・・・・

足臭っさwww

帰ってゴシゴシ洗いますw

ではでは、また明日も元気でお目に掛かりましょう★