【最終回】スーパーシェルパにヘッドライトスイッチと電源(USB/シガー)取出しを取付けてみよう!

↓↓あちこちでブツブツ言ってみる作戦開始ボタンはコチラ↓↓

この記事の所要時間: 約 87
流し読みの場合: 約 448

ども。

昨日はブログ更新のお休みを頂き有り難う御座いました。

いつもより少し早く帰宅することが出来たので、就寝前の読書タイムを長く取ることが出来て実に有意義に過ごせ・・・ま・・・した?いや、読書はしたけども・・・

30分も経たない内に睡魔に襲われて撃沈w

やっぱりお布団に入って毛布に包まりながら読書してると、よっぽど元気が有り余ってる日でも無い限り、1時間も持たないっすねーw

座って読めば良いんだろうけど、うちのiPadってば初代モデルだから重くてとてもじゃないけど、手に持って寝室で読書なんて無理です。寝転がって枕に立てかけつつ読むってのが私流ですw

■必勝ダンジョン運営方法 相手に合わせる理由がない

ダンジョンを使って魔力枯渇という世界規模の問題をどう解決する// 無料オンライン小説です

お休みの日なんかはテーブルの上に立てて読むんで楽でいいんですが。

アマゾンFireタブレットも有るんですが、こっちは軽くてiPadほど手が疲れることは無いんですけど、いかんせん画面が小さいので疲れるんですよね。それならやっぱり大画面のiPadで読んだ方が楽ってなるわけです。

amazon fireタブレット

iPadはアプリも対応しているものが無くなってきていますが、読書用としてはまだまだ使えます。画面が大きいことは正義!!!ですw

今日もいつもの

明日の大阪の天気予報

晴れ

晴れ!!

降水確率と概況

~06 ~24:0%

明日の大阪の天気は高気圧に覆われて晴れるでしょう。午前、午後共に降水確率0%で絶好のツーリング日和になりそうです(*´ェ`*)

ここからが今日の本題

先日からご紹介している、

【最終回】スーパーシェルパにヘッドライトスイッチと電源(USB/シガー)取出しを取付けてみよう!

ですが、今日は最終回となります。

前回までの記事は以下のリンクよりご覧頂けます。

前回までの記事

ども。 先に明日のことを今日は書いておきます。 明日は夜間に配達業務があるためブログの更新はお休みします。 天候には問題が無さそうですので、よほどの事が無い限り予定通...
ども。 今日からはグリップ表面温度をお知らせすることが出来無いんですよねー。店の車両はほぼ全て処分してしまったので・・・まぁTODAYが無いわけじゃないですけど、まぁこれも致し方...
ども。 今日はちょっとブログを書き始める前に余計な事に時間を使いすぎました・・・もっと早く書き始める予定だったのに。 現段階で1時間押しの状態で今日もスタートですwww ...

前回までのおさらい

電源配線はこれで完了

USB/シガーの電源取出し加工と配線のワイヤリングまで終わらせたところまででしたね。

今日はこの続きを動作確認まで含めて最後までご紹介していきましょう。

作業再開

アース線の加工

収縮チューブを入れておく

アース線もプラス線と同様にクワガタ端子が取り付けられていますが、作り替えるのでカットしてから、予め配線に収縮チューブを細い物と太い物の2種類通しておきます。

2種類の収縮チューブを入れたワケはこの後で。

丸形(アース)端子を圧着する

クワガタ端子をカットした所に、丸形(アース)端子を圧着します。

今回は6mmのボルトでボディアースを取る予定ですので、内径6.5mmのアース端子を使用しました。

えっ?これなら元々のクワガタ端子でも良かったんじゃ・・・

クワガタ端子ってどうしても信用出来ないんですよねー。接触面積も足りないし、クワの大きさも大きすぎたりするし。まぁそれならいっそ信用出来る丸形に変えてしまおう!って事です。

収縮チューブを入れる

丸形端子を圧着し終わったら、先に細い収縮チューブを端子根本まで入れて収縮させ、その後太い収縮チューブを圧着した部分を覆い隠すようにして収縮させておきましょう。

こうすることで端子差込部にかかる配線への負担を軽減したり、断線しやすい端子差込部のリスクを減らすことが出来ます。

端子はしっかりしていても、配線の方が細くどうしても差込部分の負担が大きくなりがちなので、こうして収縮チューブを2種類被せて保護しているってワケです。

アース端子の作製完了

んでこれが完成したマイナスアース線ですね。

説明していませんでしたが、アース線の長さについては固定する部分に合せてカットしてあります。

この後説明する固定部分を確認し、予め長さを確認しカットしてから端子の作製作業に移る様にして下さいね。無駄に配線を残しておいても仕方無いので(⌒-⌒; )

ワイヤリング

アース線をタイラップで固定する

引いて来たアース線はこのブレーキホースのクランプ上を通して(向かって右から左へ)タイラップ固定しておきましょう。

今回ボディアースを取る場所に設定したのは、メーターやカウル(ヘッドライト)を固定する為のステーです。

アース線の固定部

ステーはアンダーブラケット(ステム)に固定されているため、一度固定ボルトを取外してから、アース線を一緒に挟み込んで固定します。

アース線を固定する際の端子の向きや角度には十分に注意しましょう。

配線を弛ませすぎてハンドルストッパーに挟んでしまったり、各種ケーブル類の動きを阻害してしまったりするようなことが無いよう、ハンドルを操作して確認しておく事。

配線加工作業完了!

以上で配線の加工とワイヤリング作業完了です!

あとは動作確認とヘッドライトを取付けたら完成なのです~♪

動作確認

USBの通電確認

USBソケットに線を差込み耳掛けタイプのハンズフリーをセット。

正常に電源が通っていればイグニッションONにすれば充電状態になるはずです。

(カチッ)

USBの通電確認:ON

ハンズフリーの小さなライト部が赤色に点灯し充電状態になりました。

ちゃんとイグニッションONで通電が確認出来ましたね。もちろん、このあとエンジンも始動させて充電状態が維持されることも確認しました♪

ヘッドライトの取付け

ヘッドライトを取付ける

ヘッドライトカプラ、ウインカー配線を忘れずに取付けてからヘッドライト(カバー)を元通りボルト1本で固定しましょう。

いやぁほんとボルト1本で固定出来るのは取付けも取外しも楽でいいwww

クランプバーの取付け

最後にバックミラーと共締めでクランプバーをセット。

この位置で良いのか疑問ですが、これは簡単に場所の変更も出来るので変更があればお客様ご自身でどうぞとお願いしておきました。

使い勝手とか色々考えたら、右寄りも左の方が・・・とか有るかも知れないしね。

作業完了

作業完了!

以上で作業は全て完了です♪

電装部品の取付け作業のみの場合は試乗もありません。

ハンドルを左右に何度か操作して通電が途切れたりするような事が有れば問題ですが、もちろんそれも全て確認が終わっていますので、予定通りの日程でお客様に車両をお返し出来ました。

今回も最後までご覧頂き有り難う御座いました。

じゃ、今日の作業はここまで!

あとがき

明日は月末と言うことでゴールデンウィークの営業日程と、閉店後の作業を引き継いで頂けるショップさんの紹介をする予定です。

忘れずにチェックをお願いしますm(__)m

夜はもしかしたら予定が入るかも知れないので、出来るだけ日中に記事を書いてしまいたいと思っているのですが、どれぐらい時間が取れるかどうか・・・です。

ではではまた明日も元気でお目に掛かりましょう☆