【第9回】250TRにバイソン風外装キットを組んでビンテージモトクロスカスタムしてみよう!

↓↓あちこちでブツブツ言ってみる作戦開始ボタンはコチラ↓↓

この記事の所要時間: 約 957
流し読みの場合: 約 552

ども。

月曜日はブログのお休みを頂きありがとうございました。

おかげさまで作業もすこぶる快調に進みいい感じでした♪

では月曜日に書きたかった事をいくつか

ご紹介していきましょうかね。

全ていただきもののお話ばかりですけれどw

ブログでご紹介している以外にも、いつも

ご来店頂いたお客様にあれやこれやと頂きますが、

全てをご紹介できない事もご了承下さいまし。

そうそう、昨日のお休みはねやっぱり

目が覚めたら15時過ぎで、夢の中でインターホンの

音がピーンポーンピーンポーンって何度も

鳴るから起きたのよね。

(んだよ・・ったく・・・・)

で、まだ眠くてフラフラしながら

とりあえずトイレに行こうと廊下を歩いてると

郵便受けから声が聞こえました。

(パパ、カギ開けてw)

長女でしたwwww

どうやら部活が無かった様で30分ぐらい前から

何度もインターホンを鳴らしてた様ですが、

完全に夢を見て気持ち良く寝ていたわたしは

気が付くはずもなく。

これは申し訳ござらぬww

寒空の中30分も外に待たせていたなんて

なんてパパなんだよwww

とりあえず、スペアキーの数が足りないので

今度カギ屋に行ったらちゃんと作っておくとします。

今日もいつもの

開店時のグリップ表面温度

TODAYのグリップ表面温度 開店時

7.4℃

明日の大阪の天気予報

晴れ

晴れ!!

降水確率と概況

~06時 ~24時:0%

明日の大阪の天気は、今日に引き続き

高気圧に覆われて晴れる見込みです。

日中は春陽気でポカポカして気持ち良いと思いますよ♪

今日もジャケットを脱ぎ捨てて

屋外でタイヤ交換していましたから。

ここからが今日の本題

先日からご紹介している、

250TRにバイソン風外装キットを組んでビンテージモトクロスカスタムしてみよう!

ですが、今日は第9回目となります。

前回までの記事は以下のリンクよりご覧頂けます。

前回までの記事

ども。 体調も良くなりましたので今日から 平常運転開始でーす♪ 1週間ほどブログをまともに更新していなかったので 久し振りの更新で気合いが入ってますww...
ども。 今日は朝から降っていた雨が、結局夜遅くまで 降り続いた寒い1日となりました。 お陰様で今日の入庫予定は全てキャンセル。 すべて来週以降に持ち越し...
ども。 外廻り仕事がある時はいつもだいたい 月曜日と決めています。 月曜日って週末を挟んでいるので純正部品が 届かない事も多く、お客様の修理入庫も少ない...
ども。 定休日明けでスッキリ~!な私です(´∀`)b いやぁ昨日もよく寝たよく寝たww 目が覚めたのは14時頃だったかねぇ。 目覚めてからも暖か...
ども。 これ、頂きました。 くまモン♡マスク いやwwwこれwwww 今年37才になるオッサンがコレ付けるとか無理があるっしょw かわいい...
ども。 さっむいがな・・・・どうしたんやこの寒さ。 朝から洗車していたんですが水が何しろ冷たい。 尋常じゃ無い冷たさでね、こんなにも冷たいのに水道管は 凍結して...
ども。 雪、降らなかったねw 昨日帰宅時に万が一と思ってリヤボックス内部に 長靴を仕込んで帰ったけど使わなかったわ。 いやまぁ積もらないに超した事は無い...
ども。 今日は午後から雨。 朝は晴れてたのにあっという間に真っ暗よ。 雨の週末は予約もキャンセルになるので意外と余裕を持って 1日を過ごす事が出来るんで...

前回までのおさらい

穴位置をマーキング

ハンドルバーへの穴開け加工用の位置決めを

左右共に終わらせたところまででしたね。

今日はこの続きをご紹介していきましょう。

作業開始

ハンドルバーへの穴開け加工

ハンドルバーに穴を開ける

予めポンチを打っておいた部分に穴を開けていきましょう。

初めは細いドリルの刃を使用して下穴を開けましょう。

ハンドルバーは曲面なのでドリルの刃を折らない様に

注意して穴開け加工を行いましょう。

こういうツールがあると穴開け加工も

非常にスムーズに実施する事が出来ますよん♪

わたしは使った事ありませんけどね(⌒-⌒; )

慣れれば必要無いですからね。

んでこれが下穴を開け終わった状態ですね。

下穴を開け終わった

このままじゃまだまだ穴は小さいですが、

この段階でスイッチボックスの角度が正しい

角度になっているか確認しておく必要が有ります。

まだこの下穴時点ですと上下に穴を広げて

微調整すれば良い角度にする事が出来ますので。

バリを切除する

下穴加工後のバリをバリ取りツールを使って

切除しておきましょう。

穴の奥側と手前側をうまくグリグリと工具を回して

バリを取り除きます。

バリを取り除いたらスイッチボックスを当てがって

角度を確認しましょう。

角度に問題が無ければ次は太いドリルの刃に

交換して穴を拡張して下さい。

今回は少々穴位置を微調整する必要が有りましたので、

ここから先はリューターを使用して穴を拡張しました。

リューターで穴を拡張する

こういう時、小型のリューターを持っていると便利ですね。

手早く穴の拡張も出来ますし非常に重宝します。

何度もスイッチボックスの角度を確認しつつ、

最後はバリを取り除いてスイッチボックスを取付けて完成です♪

ディマースイッチの取付完了

うむ。

抜群の位置取りが決まりましたwww

ちなみに、写真はありませんが右側のキルスイッチも

同様に下穴から開けて、リューターで穴を拡張しながら

最終的な角度を決めて固定しておきましょう。

キルスイッチの固定も完了

キルスイッチ用の穴開け加工と固定が終わったら、

スロットルホルダーも元通りの位置で固定しておきましょう。

レバーホルダーの位置決め

スイッチボックスの取付けが終わったら

続いてレバーホルダーの位置を決めましょう。

レバーホルダーの位置はクラッチレバーを握った状態で

グリップにレバーが接触する位置で固定しましょう。

今回取付けているZ2タイプグリップの場合、バーエンド部の

形状が膨らんでいるため、目一杯スイッチボックスに寄せて

固定するとこんな感じになってしまいます。

レバーホルダーの位置:誤

末端部の膨らみにレバーが当たってしまい、最後まで

握る事ができませんね。

なので、ほんの少しだけレバーホルダーをスイッチ

ボックスから離した位置にズラし、しっかりと最後まで

クラッチレバーを握る事が出来る位置に移動させましょう。

レバーホルダーの位置:正

少し空間が余分に開いてしまいますが、どうしてもこの隙間が

気にくわないという方は目一杯スイッチボックスに

寄せて固定すると良いでしょう。

まぁ好みもあると思うのでどちらでも良いのですがw

クラッチレバーを完全に握る必要も無いと言えば無いですしねぇ。

今回は見た目重視と言う事で、隙間を埋めるために

スイッチボックスに寄せて固定しました。

レバーホルダーを固定する

レバーホルダーの固定ですが、現段階ではまだ仮固定

程度でOKです。

後ほどマスターシリンダーの取付けも終わってから

左右のレバー高さを合わせますので。

クラッチケーブルの取付け

クラッチケーブルを取付ける

予め取り回しを変更してメーター付近まで引き抜いてきておいた

クラッチケーブルをレバーに取付けてから、エンジン側の

アジャストナットで遊び量を調整して固定しましょう。

最後に手元のアジャスターでクラッチレバーの

微調整を行ったら取付は完了です。

あ、アジャスターを調整する際は、ケーブルを通す際に

使用する切り込み部が上を向かない様に調整する事。

切り込み部が上を向いていると雨水がクラッチケーブル

内に入り込んでしまい、ケーブルの腐食や破断へと繋がります。

これ、豆なーwwww

レバー高さの確認と調整

レバーの高さを確認する

マスターシリンダーも仮固定し、左右のレバー高さを

こうして前から見て左右共に同じ角度になっているか

必ず合わせておきましょう。

レバーの高さは水平ぐらいがちょうど握りやすいでしょう。

手指の長さや座高やシート高などお客様は様々ですので

1人1人に併せてレバーの角度を微調整するだけでも、

かなり操作感は楽になります。

逆に言えばレバーの角度が少し悪いだけでも

手が疲れやすかったりする事があるので、このレバーの

高さ調整というのは重要です。

マスターシリンダーの角度などを気にされる方も

いらっしゃいますが、大事なのは楽に操作できる事です。

時にはセオリーを無視した調整が必要な事も有るのです。

さっ、今日は穴開け加工とレバーの高さ調整まで

終わらせましたので、この続きはまた明日更新の

記事でご紹介したいと思います。

じゃ、今日の作業はここまで!

閉店時のTODAYのグリップ表面温度とあとがき

TODAYのグリップ表面温度 閉店時

2.4℃

明日も春陽気で嬉しいなぁ(*´ェ`*)

14℃位まで上がるそうですよ!

日も長くなってきたし、暖かい日も増えてきて、

春がもうすぐそこまで・・・♪

でも、それと併せて花粉の猛威が(;´Д`)

今年は早めに耳鼻科に行こうっとwww

ではでは、また明日も元気でお目に掛かりましょう☆