【第8回】ルネッサのキャブレターをオーバーホールしてみよう!

↓↓あちこちでブツブツ言ってみる作戦開始ボタンはコチラ↓↓

この記事の所要時間: 約 838
流し読みの場合: 約 56

ども。

お疲れ様でーす。

今日はすこぶる眠いですwww

何しろ昨日は休日で昼から銭湯に行って日頃の疲れも癒やしてきたし、大好物のドライカレーも食べていい感じで終わる予定だったのに、だったのに・・・・

寝たのは朝4時w

そりゃ眠いよね(;´Д`)

今読んでいる小説が面白くて面白くて、あともう1ページ・・・あともう1ページ・・・3時まで・・・いや・・・あと30分・・・・あぁぁ4時まで・・・・。

って感じで、すずめがチュンチュン、新聞屋がガチャンガチャン、そんな朝特有の音が聞こえる中床に就いた私ですwwww

今読んでいるのはこちらです。(私は今163堀まで読み進めています)

ダンジョンを使って魔力枯渇という世界規模の問題をどう解決する// 無料オンライン小説です

約3年も書き続けられているラノベですね。これがまぁほんとに面白くって。

どこにでも居る至極フツメン主人公が、異世界転生でダンジョンマスターとなり、あれよあれよという間に様々な種族や地位の女性を妻に迎え、リア充は爆発しろと聞こえてきそうな、酒池肉林のハーレム生活を送りつつ、魔王?勇者?んなの適当にやっとけ。的な次元を超越した凶悪スキル満載で他を蹂躙していくというお話です。

現在も更新が続けられているので追い付くのが大変です。いや、気分的には追い付きたくない。追い付く前に完結して欲しいとそう願っています。だって、追い付いちゃうと更新が待てなくなるでしょwww

個人的にはルルアも捨てがたいですが、やはりラビリスが至高(・ω・)

では今日も業務連絡を行いたいと思います。

今日もいつもの

開店時のグリップ表面温度

TODAYのグリップ表面温度 開店時

25.4℃

明日の大阪の天気予報

晴れのち曇り

晴れのち曇り!

降水確率と概況

~06 ~24:0%

明日の大阪の天気は、高気圧に覆われておおむね晴れますが、気圧の谷が近づくため昼前から次第に雲が広がる見込みです。

とはいっても、ご覧の通り降水確率は1日を通して0%と、雨の心配は無さそうなので安心してお出掛けが出来そうですね。

ここからが今日の本題

先日からご紹介している

ルネッサのキャブレターをオーバーホールしてみよう!

ですが、今日は第8回目となります。

前回までの記事は以下のリンクよりご覧頂けます。

前回までの記事

ども。 今日もお疲れ様です。 朝からずっと雨が降ったり止んだりで、湿度が高く不快指数が高いのなんのって。午前中の作業が終わる頃にはTシャツが汗でびっしょり濡れるほど蒸し暑い...
ども。 今日もたくさんのご来店、ご入庫誠にありがとうございます。 朝からバタバタと作業をこなしていますが、やっぱりあまりにも焦るのは良くないですねぇ・・・。まぁ全てが予定調...
ども。 お疲れ様です。 今日も朝から大変忙しくさせて頂きありがとうございます。 今日1日で何本のタイヤ交換を行ったか・・・・腰痛いわ。でも、毎日毎日沢山の仕事に囲まれ...
ども。 お疲れ様ですっ! 今日もたくさんのお客様にご来店頂きありがとうございます。 閉店のお知らせを出して13日経ちました。 毎日、 「記事見てびっくりし...
ども。 お疲れ様です(;´Д`) 今日も朝から沢山のお客様のご来店ありがとうございます。 ここ数日花粉が猛威を振るっており、マスクの内側が鼻水でびっしょびしょなのはこ...
ども。 今日は朝から暑かったですねぇ(;´Д`) もう日差しを浴びる店先で作業なんてしてたら、汗がだらだら出るわ出るわでこりゃもう夏ですよ。イイですねぇこういう蒸し暑いのっ...
ども。 先日お預かりしたと冒頭でザザーッとご紹介したこちらの車両。 あの日はご紹介する台数が多くこのイタルジェット フォーミュラについてあまり詳しくは説明し...

前回までのおさらい

メインジェットの取付け

各種ジェット類をすべてキャブレターに取付け終わった所までご紹介しましたね。

今日はこの続きをご紹介していきましょう。少し短くなるかもしれませんがご容赦ください(⌒-⌒; )

作業開始

フロートバルブの摺り合わせ

先端にコンパウンドを付ける

今回はバルブシートとフロートバルブに目立った摩耗が無かったため再使用。

ですが、そのまま取り付けるという無謀なことはしません。ちゃんと研磨したバルブシートに合わせてフロートバルブの摺り合わせ作業を行いたいと思います。

まずはフロートバルブ先端にコンパウンドを少量付けて準備しておきましょう。

ラジオペンチで叩き当てながらすり合わせる

非常に細かい作業になりますが、フロート先端のピコピコ出入りする金具をラジオペンチの先端で掴み、バルブシートにトントントンと押し当てて、縦方向の当たり面を付けていきましょう。

ここで注意が必要なのは、同じ場所だけ当てるのではなく全周回しながら当てていくことが大切です。しかも、押し当てた状態で回転させると横方向の当たりが付いてしまうため、必ずフロートバルブを持ち上げた状態で回転させ、縦方向の当たり面を付けていく様にしましょう。

めんどくさいからと言って横方向にごしごしやっても、フロートバルブが段付き摩耗してしまい、結局オーバーフローが止まらなくなってしまいますのでご注意を。

必ず縦方向の当たり面だけつけるように。当て方は弱すぎず強すぎずです。活字では説明が難しいので、心配であれば気が済むまで摺合せしてくださいw

上がりすぎた油面は調整が出来ますので、シリンダーヘッドのバルブほど当たり面をシビアに考える必要はありません。ええ。

摺合せ作業完了

擦り合わせ作業が終わったフロートバルブとバルブシートは必ずセットにしておくように。

せっかく摺合せしたのに、もう一方のフロートバルブと入れ替わってしまったら何のためにやったのか分かりませんからね。

擦り合わせ作業後はパーツクリーナーを使用してフューエルライン内に入り込んだコンパウンドの洗浄、そしてエアーブローによる乾燥まで済ませておきましょう。

フロートの取付け

フロートを取り付ける

フロートバルブの摺合せと洗浄が終わったらフロートを取り付けましょう。

ダウンドラフトキャブなので、フロート高さの基準値は設定されておらず実油面での計測と調整が必要となります。

実油面の計測については、キャブレターをエンジンに取付け後でも出来る作業なので、最終工程付近でのご紹介となります。まだもうちょっと書き進めるまで具体的な数値は登場しませんのであしからず<(_ _)>

フロートチャンバーの取付け

Oリングをセットする

フロートチャンバーにOリングをセットしておきましょう。

今回はこのOリングも状態が良く再使用となる為、冷蔵庫でコンディション維持の為に保管しておきました。

おかげでブヨブヨに伸びずにこうして今も適切な大きさと形状を保ってくれています。もちろん、弾力も丸みもありますのでOリングとしての機能には申し分ないでしょう。

フロートチャンバーを取付ける

Oリングをセットしたフロートチャンバーをキャブレターにセットします。

Oリングが落ちやすいぞ・・・という場合は、フロートチャンバーをキャブレターにセットすると言うよりも、キャブレター本体をフロートチャンバーにセットするという形を取れば、ズレて固定してしまいOリングを挟み込んでしまうといった事も無いでしょう。

フロートチャンバーを固定する

フロートチャンバーを固定しましょう。

固定する時は4本のボルトを対角線上に均等に少しずつ締め付けましょう。1点から締め付けるとムラが出来てきちんとフロートチャンバーが密着しませんのでご注意を。

パイロットスクリューのセット

パイロットスクリューをセットする

予めOリングなどを全てセットした状態でパイロットスクリューをキャブレターに取付けましょう。

パイロットスクリューへの組付け順
本体 ← スプリング ← ワッシャ ← Oリング

取付ける前に先端のOリングに薄くシリコングリスを塗っておくと良いでしょう。

基準となる戻し回転数は以下の通りです。

パイロットスクリュー基準戻し回転数
全閉から1.5回転戻し

ただし、これはあくまでプリセット値であり、お住まいの地域やコンディションによって微調整する必要があります。同調調整後の最終微調整部分となります。

※通常はプリセット値で概ねコンディション良好となります

インナーパーツの組み込み完了

インナーパーツの組み込み完了

以上でキャブレター内部のパーツ類の組み込み作業は完了です。

もうちょっと作業は続きますので飽きずに最後まで読み進めてくださいww記事数で言えばあと3回位で終われそうですので。

いや・・・4、5回ぐらいかwwww

キャブレターの連結

ジョイントパイプにシリコングリスを塗っておく

ここからはキャブレターを元通り連結していきます。

フューエルパイプのOリングには予めシリコングリスを薄く塗っておきましょう。

また、写真はありませんが予めチョークバルブなども取付けておくのをお忘れ無く。連結した後からではチョークバルブは取付け出来ません。くれぐれもご注意を。

キャブレターを連結した

フューエルパイプに注意しながら真っ直ぐキャブレター同士を連結しましょう。

バタフライの連結部は後ほど同調調整と併せてご紹介しますので少々お待ちを。

連結ステーを仮固定する

キャブレターを連結したら、まずはこのフロートチャンバー側の連結ステーをセットして仮固定しましょう。

しっかりと締め付けてしまうと残るもう1本の連結ステーがうまく取付け出来なくなりますので、ここは連結がグラグラしない程度の仮固定でOKです。

さ、今日はキャブレターの連結仮固定まで済ませたので、この続きはまた明日更新の記事でご紹介したいと思います。

じゃ、今日の作業はここまで!

閉店時のTODAYのグリップ表面温度とあとがき

DIOのグリップ表面温度 閉店時

15.0℃

おい・・それDioやんけww

ま、こういう日もありますよ(⌒-⌒; )

さー今日も張り切って寝落ちするまで読むぞ~っと♪毎晩就寝時間が遅くて朝が辛いの分かってるのに止められません。ええ。気になって仕方無いんだわ先がwww

ではでは、また明日も元気でお目に掛かりましょう☆


コメント

  1. 斉藤公伯 より:

    斉藤です。
    業務連絡「70%整備完了」
    確認いたしました、駆動系の整備お疲れ様でした。
    グリス類・ゴム関係はやはりダメでしたね。
    ご指摘のあったタイヤ交換も選択して良かったと感じております。
    残すはフロントフォークのオーバーホール作業と前後タイヤ交換作業ですね。
    業務連絡お待ちしてます。

    • centrumMC より:

      お世話になっておりますm(__)m

      業務連絡のご確認ありがとうございます。
      今日も登場予定ですので引き続きご確認下さいww