【前編】フュージョンの始動不良を修理してみよう!

↓↓あちこちでブツブツ言ってみる作戦開始ボタンはコチラ↓↓

この記事の所要時間: 約 557
流し読みの場合: 約 331

ども。

昨日はブログ更新のお休みを頂き有り難う御座いました。

約1年ぶりにタイから帰国した友人としっかりと楽しんで来ました(。・∀・。)

事前に食べたい物を打ち合わせしていたのですが、移動時間や食べたい物を色々と加味した結果、いつも逢う時に利用している焼肉店に決定。

タイにも焼き肉屋さんはあるそうですが、宗教的な問題で牛や豚を口にすることが無いタイでは、もっぱら退役した乳牛を一般向けに卸すことが多いそうで、日本の焼き肉チェーン店で食べられる安価なお肉よりも、さらに固くてあまり美味しい肉では無いそうです。

価格は日本のちょっと高めの焼き肉チェーン店位の価格だそうで、よほどの事が無い限り食べに行くと言うことも無いらしい。

もちろん、それこそ日本円で万円ぐらいのお店に行けば、ちょっと高めのチェーン店で出される位の柔らかい牛肉が提供されるようですが、日本との価格差が凄すぎて庶民感はゼロだってw

お腹いっぱいになるまで柔らかい日本の焼き肉を二人で味わってきて大満足です♪

タイでの仕事の話や、私の今後の話など久し振りに気を遣わずにしゃべって笑って楽しかった。いいよねやっぱりこうして何でも腹を割って話せる友人って(*´д`*)

今日もいつもの

明日の大阪の天気予報

晴れ

晴れ!

降水確率と概況

~06:0% ~12:0%

~18:0% ~24:0%

明日の大阪の天気は、高気圧に覆われるためおおむね晴れる見込みです。

片付けと整備を同時進行しているので大変なので、出来れば暫く雨は降って欲しくないですね(;´Д`)

ここからが今日の本題

車両紹介

ホンダ フュージョン(HELIX)

ホンダ フュージョンですね。

いや、正確にはフュージョンの輸出仕様であるヘリックスですね~。

以前もご入庫下さった車両なんですが、今回の入庫はまたちょっと変わったトラブルです。

症状

職場から帰宅途中にガス欠の様な症状で停止。

エンジンの再始動は出来たそうですがアイドリングせずに被ったような症状で、吹け上がりも異常に悪い状態です。

ガソリンはどうやらちゃんとキャブレターまでは通っているようですが、車両をお預かりしてから分かった事は、エンジンを始動させてみるとやけにガソリン臭い。

マフラーからは白煙が結構出るんですよね~。燃調が妙に濃い感じです。

今までこういう症状は無かったそうですし、突然発生したようでお客様も???といった感じです。

とりあえずいつも通りすぐに見て分かる部分をまずは確認して行きましょう。

作業開始

よく有るトラブル箇所

負圧ホースの点検

キャブレターに配置されている負圧弁に接続されているホースを確認します。

古くなってくるとこの負圧ホースが劣化して二次エアーを吸ってしまい、燃調が狂ってしまい調子が悪くなってしまう事が多いですね。

ホース断面の確認

ふむ・・・負圧ホースには問題が無いようですね。

マニーホールドも一緒に点検を実施しましたが、こちらも定番中の定番なので既に交換済で問題無さそうです。

ダクトを取外して確認した結果

エアークリーナーボックスとキャブレターを繋いでいるプラスティック製のダクトを取外し、エンジンを始動させて確認してみようと取外してみたら・・・。

ん?バキュームピストンおかしくね?

写真は撮り忘れていたんで無いんですが、バキュームピストンを持ち上げたらどうにもこうにもおかしい。

何がおかしいってジェットニードルが短いのよw

しかも、なんかチャラチャラ音するしもしかして・・・これジェットニードル外れてない??

何が原因なのか分からないけど、ジェットニードルが外れてるなら燃調が濃くて白煙吹くのも納得出来ますね。

トップカバーを開いてみる

トップカバーを取外した

キャブレターのトップカバーを取外してバキュームピストンを確認してみます。

上から見ただけでもおかしいのが分かります・・・だって、本来ジェットニードルを押さえている部品が外れてるんですよね(;´Д`)

なんで外れてんの??

バキュームピストンを抜き取る

バキュームピストンを取外した

バキュームピストンのラバースカートの穿孔や劣化による割れなどはありませんでした。ジェットニードルも固定されておらず、バキュームピストンと接触して偏磨耗していないか心配しましたが、特に偏磨耗も確認出来ないのでこのまま使用出来そうです。

ジェットニードルの抜き取り

ジェットニードルを抜き取った

左からバキュームピストン、ジェットニードル、スプリング、そして今回のトラブル原因であるジェットニードルを押さえていた部品ですね。

ジェットニードルを押さえる部品

こうして見るとどうして今回の様なジェットニードルが外れる様なトラブルが発生したのか分かりました。

バキュームピストンに回転させて引っ掛けるように固定するんですが、その引っ掛かる部分が随分摩耗していますね。

摩耗している

ちょっと分かりにくいと思いますが変な形で摩耗してしまっていますね。

これは恐らく前回取付けた人がちゃんと取付けずに無理やり押し込んだ感じです。

この部品はバキュームピストン内側に押し込んでから右に20°ぐらい回して固定します。それを押し込まずにそのまま回せばこんな風に変な摩耗してしまったんでしょう。

しばらくはそのままでもジェットニードルは固定されているでしょうけど、使用している内に摩耗して外れてしまったんでしょう。

正常に取付けられていればこんな風に偏磨耗して、ジェットニードルが外れてしまうような事はありませんからね。

取り寄せた部品

取り寄せた部品

今回は念のためスプリングも一緒に発注しておきました。

あとは先ほど摩耗していたジェットニードルを押さえていた部品ですね。正式な名称は完全にど忘れしてしまいましたw

写真枚数が少ないので今日はこれぐらいにしておかないと、明日書けることが無くなっちゃうのでボリューム少ないですけどご勘弁を<(_ _)>

この続きはまた明日更新の記事でご紹介しましょう。

じゃ、今日の作業はここまで!

あとがき

さっきブログ書いてる最中に急にマウスが反応しなくなって、焦ったんですけどよく見たらマウスの電池切れよww

慌てて引き出しの中を探したら電池があったので助かったけど、これで電池無かったらマジで終わりでしたね。あっぶねぇ。

マウスの電池も3ヶ月に1度ぐらいの頻度で交換しないと持たないわやっぱり。

そろそろキーボードの電池も変えとくか。マウスの方が圧倒的に電池の消耗が早いのが辛い。

ではでは、また明日も元気でお目に掛かりましょう☆