内側が変色したリザーバータンクの洗浄はこれでバッチリ解決!?

↓↓あちこちでブツブツ言ってみる作戦開始ボタンはコチラ↓↓

この記事の所要時間: 約 90
流し読みの場合: 約 519

ども。

産地直送。

これは採集してちょうど1年位になるそうですが、

2人家庭だと何でもかんでもぶち込んで使用してても

全然減らぬ(´-ω-`)

それどころか、乾燥してるハズなのに増えてるんじゃないかって

疑惑まで出てくるほど。

昔よく聞いた市松人形の髪の毛が伸びる。

的なアレみたいなのwww

今日の頂き物報告

乾物の王道

ゴミ袋に入れられた緑色の物体

今朝頂いた時はもっともっとパンッパンに入っていたのですが、

ちょうどいい具合に午後から来られたお客様にも

半分ほどお裾分けして差し上げました♪

随分と量は減りましたが、年明け2月頃にはまた初物が

採集出来るらしいのでこれでも十分過ぎる量でしょう。

袋の中からボワッと

乾燥ワカメ

大量の乾燥ワカメww

かぼちゃパンツも履いてないし、毛先もうねっていない、

正真正銘のただの磯のワカメですw

袋を開けた瞬間に強烈な磯臭が広がり、

普段こんなに強い磯臭に慣れていない私は

(おぇっ・・・)

なるよwww

不用意に顔近づけたまま袋を開けるんじゃ無かったわw

海産物担当(笑)

大量のイワシ

このワカメをくれた人物は、以前もこの大量のイワシをくれた人物で、

定期的に旬の海産物をお届けしてくれます。

育ち盛り、喰い盛り、海産物バッチ来いや!!な

子供が多い我が家では大変助かっております。

好き嫌いが少ない子供達で何よりです♪

ちなみに目の色を変えて奪い合う食材ナンバー1は

キュウリ

ですwwwww

おやつにキュウリなんて日には

やったぁー!!って歓声が上がるほど。

よぉわからんですw

今日もいつもの

開店時のグリップ表面温度

TODAYのグリップ表面温度 開店時

13.0℃

明日の大阪の天気予報

曇り時々晴れ

曇りのち時々晴れ!

降水確率と概況

~06時:30% ~12時:10%

~18時:0% ~24時:0%

明日の大阪の天気は、気圧の谷や寒気の影響で概ね曇りとなり、

午前中は北部を中心に雨や雷雨となるでしょう。

先日お預かりしたばぁちゃんのセニアカーも

今日無事にバッテリーが届いたので早速交換し、

夕方にはお返しする事が出来て何よりでした。

代金を頂戴した際にね、ばぁちゃんが

もうお釣りは構わへんよぉ兄ちゃん
えっ、いやいやばぁちゃんアカンよw

お釣りが6000円以上有るのにアカンに決まってる・・・。

コーヒーでも飲んでと頂ける様な額面じゃ無い(震)

ここからが今日の本題

年末も近いと言うことであまりに長期となりそうな

記事や、年を越してしまう様な記事は避ける

必要が有る為、今日から暮れまでは単発または

3回以内で書き終える事が出来る記事をご紹介していきます。

今日ご紹介するのはビッグスクーターや長く

ご使用になられている水冷車両をお持ちの皆様の

悩み解消のお手伝いが出来るかも知れない記事ですw

リザーバータンク

空っぽになったリザーバータンク

水冷車にお乗りのお客様なら、ほぼ100%と言っていいほど

目にしたことがあるこのリザーバータンク

クーラント(冷却水またはLLC)を溜めているタンクですね。

一部の例外を除いて、必ずバイク、車に関わらず水冷タイプのエンジンが

搭載されている機械であれば必ず存在しています。

リザーバータンクってのは単にクーラントを溜めて

おくだけの容器では無く、有る一定圧力以上に上昇した

ラジエター内部の水の仮受け先としての機能も有しています。

メンテナンス

クーラントを注入する

クーラントの入替を含め、定期的なメンテナンスを実施している方ならともかく、

未だかつて一度もクーラントの入替を実施したことが無いという車両が

店頭に持ち込まれるということが割と多いのが実情です。

そういった車両の場合、リザーバータンク内部の液は

やや濁っているものの、まだまだグリーン色と分かる状況で

ある車両が7割ぐらいでしょうか。

残る2割がリザーバータンク内部が空っぽ、または水量不足なのです。

最後に残る1割が、水量適切に見えるけどそうじゃない車両です。

見えるけどそうじゃないって?

変色したリザーバータンク

つまりこういう事になっている車両と言うことです。

これはかなり酷い状況になっているリザーバータンクですが、

定期的なクーラントの入替を実施している車両でも、

長期間の使用によってリザーバータンク内部の壁面に

クーラントの汚れが少しずつ堆積していきます。

疑似液面

リザーバータンクに補水する

特に週末走行しかせず走行距離があまり伸びていない

ここ10年ぐらいのモデルでも、リザーバータンク内部の

水量に変化が少ない状況が続くと、液面には汚れが浮遊し

その汚れがリザーバータンク壁面に染みを作ります。

これが疑似液面の線となってしまい、チラッと確認するぐらいでは

正確な液面かどうかの判断が難しくなってしまい、結果的に

リザーバータンク水量はOK!

という誤解を招いてしまい、実際は水量不足に陥っていたとしても

長期間気が付かずに運用を続けてしまうのです。

疑似液面と実液面

ちなみに、こちらの車両の場合は長期間の運用の果てに

水路各部で腐食が発生してしまい、そのサビがリザーバータンクにまで

流れ込んで来てしまった状態です。

こういった症状が多いのは・・・ビッグスクーターですね。

覗き込まないと見えない位置や、覗き込んだとしても

光の加減などで液量が見えにくい事が多いのです。

内容物の排出

内容物を排出する

リザーバータンク外側から見ている色と、ほぼ同じ色の液体が

ドボドボと出てきました。

かつてこれはクーラントと呼ばれていた液体だったのか、

それともただの水道水だったのかは、今となっても知る由も

ありませんが、今言えることはただ1つ。

機的状況である。

と言うことでしょうw

ちなみに、分かりやすく地面に出してみますと

液体だけでは無く・・・

まるでウ○コ

まるでウ○コですやんww

しかもちょっと下してる系のねww

これ、粉末状のサビが水で固形化しているモノなんですね。

ここまで酷い状況になっているという車両は

少ないですが、コケの様な物が生えてしまいタンク内部が

うっすら黒く汚れてしまい、本当の液面が分かりにくく

なっているという方は多いと思います。

買うか洗浄するか二択

リザーバータンク

今回はちょうどよくこっぴどく汚れたリザーバータンクがあったので

処置しますけどね、実際リザーバータンクってのは新品で買い直しても

意外とお安いんですよね。

なので、まだまだメーカーに部品として存在し、予算的に

買い直すことが出来るという方は、ぜひ買い直して下さい。

ここまで危機的な状況に陥っているリザーバータンクを

どうにかする手間を考えれば、買い直す方がきっとコスト安です。

ちなみに、リザーバータンクってのを思い浮かべれば

すぐに分かって頂けると思いますが、洗浄するにしても

リザーバータンクってのは口が小さくて細く、

形状が複雑な物が殆どですね。

歯ブラシで洗浄できる形状の物も有りますが、往々にして

一筋縄ではいかない形状の物が大半なのです。

しかも、今回の様に酷い状況になっている上に、

メーカーにも在庫が無いとか、微妙に高いとかそういう事情で、

どうしてもこのリザーバータンクを復活させたい・・でもこれ・・・

どうすれば。。。

お待たせしました!

誰でも特殊な道具を使うこと無く、

100%完全にという訳にはいきませんがほぼ

実用上問題無いレベルまで簡単に洗浄できる方法を

ご紹介しましょう。

準備する物

大量のナットやボルト

準備したのは補水口から投入できるサイズの

ボルトやナットです。

必要なのはこれだけ。

当然、中性洗剤やクレンザーなどは必要ですが。

ナットだけでもボルトだけでもOKです。

とにかく小型で質量がそれなりに有って、角や凸部が

有る物であればご家庭にある物で代用出来ます。

ただし、アルミや長い物、それに大き過ぎる物は使用しない様に。

出来るだけ小さい物を数多く準備する方がGOODです。

洗浄方法はもう説明が必要無いと思いますが(⌒-⌒; )

100円均一ショップで売られている、ボトルや

排水溝洗浄ブラシなども使用出来ると思います。

洗浄方法

なぜだか洗浄している際の写真が無い。

まぁ写真が無くても分かって頂けるとそう信じていますw

タンク内部に先ほど準備したナットやボルトを大量に

投入し、さらにそこにクレンザーまたは中性洗剤と

少量の水を入れて・・・・

ひたすらシェイク!!

中に入っているナットなどを内面に当てて

削り落とす事をイメージしながら、時折タンクの角度や

振り方を変えて

残像が見えるほどシェイク!!

時にはワイングラスを回す様にして、ボルトや

ナットで刮ぎ落とすのもいいですが大事なのは、

とにかくシェイク!!

もう気分はバーテンダーですよw

中に入れた物がテンポ良くジャクジャク音を立てるので

振っててもなかなか楽しいwww

水と洗剤を入替えつつ、しばらくこの作業を繰り返すだけ。

実に簡単です。

内部に黒いカビの様な物が発生している場合は、カビキラーや
バッテリー電解液を少し入れてシェイクするのもかなり有効です

ほんとにこれであの変色してとんでもない事になっていた

あのリザーバータンクが実用レベルにまでなるのかよ・・・ってね。

洗浄完了

洗浄完了後

どうです?

十分に実用レベルにまで洗浄できたと思います。

多少まだ汚れが残っていますが、初めにも書いていた通り

100%汚れを取り去る事は不可能に近いです。

あんなにも酷かったリザーバータンクが、ここまで

白くなるんですからもっと軽度な汚れの場合は、十分に

満足出来る仕上がりにまで洗浄できることでしょう。

残った疑似液面について

リザーバータンクに冷却水を入れておく

疑似液面があること自体が問題なのでは無く、

疑似液面より下方に液面が下がった際に内面が汚れていて、

実液面が汚れによって暗く影になってしまい

見えないと言うことなのです。

この洗浄が終わったリザーバータンクの場合、

疑似液面は残っていますがそれより下方の内面は

汚れが無く白く透き通っていますよね。

リザーバータンクに入れるのは緑色に着色された

クーラントですので、例え疑似液面があろうとも

そこよりも液面が上がったり下がったりすれば、

実液面はしっかりと上の参考写真の様に

目視で判断出来るという訳です。

まとめ

『諦めずに振れ』

以上ですwwww

こんな記事でも少しぐらい皆さんのお役に立てれば幸いです♪

じゃ、今日の作業はここまで!

閉店時のTODAYのグリップ表面温度とあとがき

TODAYのグリップ表面温度 閉店時

6.5℃

ツイッターでさ、くそリプオブザイヤー2016ってタグが

あるんだけど夜中に見るとダメだわ。

面白いwwww

でも、やっぱり今日の一番はとある人が不意にボソッと

放ったあの一言だったわ。

なぁwww10円ハゲ見つけたwwwwww

これはマジで腹筋が死んだwww

不意にこんな一言が流れてきたからリアルに声出たわw

ではまた明日も元気でお目に掛かりましょう☆

ぐっなぁ~い♪