ZRX400のアイドリングのバラつきを解消してみよう!

↓↓あちこちでブツブツ言ってみる作戦開始ボタンはコチラ↓↓

この記事の所要時間: 約 84
流し読みの場合: 約 446

ども。

今日は金環日食の日。

皆さん観察しましたか~?

あいにくの曇り空で、地域によっては見る事が困難だった方も

多かったのではと思います。

どうでしたか?

三日月の様になっていく太陽を見ることが出来ましたか?

我が家でも子供たちが朝からお父ちゃんお手製のコレ

お手製の日食観察グラス

を片手に観察していたようです。

お友達と観察すると言っていたのですが、

どうやら学校側が通学途中に見るのは危険だとして、

多少の遅刻はカウントしないので自宅で各自観察する事になったらしく

朝から兄弟揃って日食の観察です。

まぁ~朝から々しいw

7時頃ですよ。

こちとら、左足の親指はまだ痛むし、朝のこの時間って

フワッフワしていて、二度寝には最高の時間なんです。

まぁ、私が作った日食観察グラスも役に立ったし、

子供達も太陽が欠けていく様子を見れて喜んでいたので良しとしましょう。

私がいつもの時間に起きていくと、

私よりも家を出る時間が遅い長男が日食グラスを手に持って

太陽を見ていたので、

もうてなさい。

長男は、エーッ!なんで捨てんのー?

と言いながらも渋々ゴミ箱に捨てていました。

 

成長期の子供には、出来る限り危険な事は避けたいもんです。

市販品であっても、連用することは想定外のはず。

子供達の玩具として手渡すには危険すぎます。

※自作だから余計にですが

くれぐれもご家庭で使用した日食観察グラスは、

子供の手の届かない所に保管するか、破棄するように。

そりゃそうと、アンタは日食見たのか?

いいえ、1mmも味が有りませんので見ていません 

 ハイハイ。夢のないヤツ。

では(w) いつも通り開店時のTODAYのグリップ表面温度からお知らせ。

TODAYのグリップ表面温度

28.8℃

雲はやや多めで、風がやや強く吹いていた為、

汗ばまない過ごし易い1日となりました。

さて今日はこちらの車両。

修理完了のZRX400

カワサキ ZRX400ですね。

以前から何度かご紹介していますが、今日はアイドリングのバラつきを

調整してみたいと思います。

エアークリーナーBOX装着車も、この車両の様にパワーフィルター装着車も、

必ず数年間使用しているとアイドリングのバラつきが出てきます。

アイドリングのバラ付きというと読んで字の如くですが、

アイドリング状態でタコメーターの針が上下に振る事をいいます。

どれぐらい振るかと言うと、100回転程度の針の振りであれば

信号待ちで不安を感じる事は少ないと思います。

ただ、200回転程度針が振る様になると、止まりそうになったり

止まってしまう事が出てきます。

つまり、タコメーターの針が100回転程度落ち着きなく振る様になってきたら

黄色信号で、200回転程度落ち着きなく振る様になってきたら

赤信号ですぐさまご入庫をご予約を。といった感じです。

特にカワサキの車両はアイドリングが不安定になっている車両が多く、

100回転程度のタコメーターの針の振れは

容範囲じゃないの?w

 

まぁ確かに。

100回転、200回転程度の針の振れは出ます。

ただ、落ち着きなく常に上下しているのか

時折上下するのかで随分とコンディションに差が出ます。

タコメーターの針の振れは、エンジンの調子そのものと言って過言ではありません。

きちんと調整等を行うことによって、吹け上がりやトルク感がまた戻ってきます。

ただ、個人で作業するには少々面倒なので出来ればショップに

依頼を出して作業してもらう方が吉ですー。

タコメーターの針の振れの原因は、キャブレターの調整不良が殆どで

その中でも大半が同調のズレからくる不調です。

こちらの車両も同調を調整します。

まずは同調を調整する前に以下の確認事項を全てパスすること。

パスできない部分は事前に作業しておく事。

● キャブレターの詰まりなどが無い

●スパークプラグ、その他点火系にトラブルが無い

●パイロットスクリューの戻し回転数が全気筒揃っている

●油面調整等の基本部分の調整が済んでいる

●スパークプラグは新品交換もしくは近日交換したばかり

●エアーエレメント交換または清掃済み

こちらの車両の場合はK&N製のパワーフィルターに変更されているので、

パワーフィルターを取り外して予め洗浄しておきます。

パワーフィルターを取り外して洗浄する

スパークプラグも最近交換したばかりですが、

現在の焼け色を確認する為に取り外して確認します。

取り外したスパークプラグ

左側から1・2・3・4番ですね。

4番のみ高速域での白い焼けが出ています。

それ以外は低速域でのカブリ気味といったところでしょうか。

交換したばかりなので清掃して再使用し、

少し走ってもらった後に再度焼け色を確認して

全体的にカブリ気味の症状が出ている場合は、1番手焼け型のプラグに変更予定です。

まずはパイロットスクリューの戻し回転数(2回転戻し)を全気筒揃えます。

パイロットスクリューの調整が済んだら、下部フレーム左右をジャッキアップして

水平機を置いて水平にしておきます。

※同調の調整時は必ず水平で行う事

車体を水平にする

次にキャブレターに付いている負圧取出し口のキャップを全て取り外します。

負圧の取り出し口

この負圧の取り出し口に、バキュームゲージのホースを差し込んで

エンジンを始動します。

早速バキュームゲージの指し示す数値を見ると・・・

数値がバラバラ

全然バラバラですやんか!

そりゃアイドリングもすごいバラつくって。

キャブレターの連結部分にある同調調整用のボルトを

左右に回しながら全ての数値が合うように調整します。

同調調整のボルトを調整した後は、必ずアクセルを数回吹かして

座金の座りを良くしてあげること。

同調調整のボルトはスプリングが効いているので、ドライバーで回しただけでは

ちょっとした振動で戻ってしまったりして、ズレてしまいますから必ず面倒でも

数回はアクセルを吹かして衝撃を与えてあげること。

同調を調整する場合は、必ずスロットルケーブルが取り付けられている

気筒から調整をすること。

このZRX400の場合で言うと、2・3番(中央2気筒)ですね。

バキュームゲージの指し示す数値が合い始めると、

アイドリングが落ち着いてきます。

完全に全気筒同じ数値になるほどピッタリにはなりませんので

アイドリング状態などから判断して、適度に煮詰めて下さい。

んで、このぐらいまでバキュームゲージが合えば

アイドリングも驚くほど安定します。

バキュームゲージの数値が一致

カメラの撮影位置の関係上、左右のゲージの数値が

ずれている様に見えますが実際は殆ど差異が無い程度です。

アクセルを吹かして数値にバラつきが出たら再度調整しなおして

何度か調整を繰り返していると、次第にアクセルを吹かしても

数値が微妙にしか変化しなくなります。

ここまで来ると、吹かした後の回転数の戻りも良く、

アイドリング状態でもタコメーターの針の振れは一切出ません。

バキュームゲージの数値はあっているのに、

タコメーターの針が時々振れるという場合は

マフラーの温度を測定しながら、パイロットスクリューで微調整します。

マフラーの温度を測る

マフラーの温度を測って私の場合、15~20℃の温度差がある場合は

パイロットスクリューを調整して数値が近づく様に設定します。

※誤差もあるので正確には揃いません

マフラーの温度が高いという事は燃料が薄い、もしくは吸入空気の

量が多いという事になります。

通常はパイロットスクリューは全気筒揃えているので、

そこまで数値の変化が出るはずが無いのですがね~。

1本だけ温度が高いとかっていう数値のバラつきが有る場合は、

温度が高い気筒のみパイロットスクリューを1/4~1/2程度の囲で

温度を計測しながら調整(める)して、燃料の

供給量を増やすことによって温度を下げる事が出来ます。

逆に、温度が低すぎる場合は1/4~1/2程度の囲でめていきます。

数値に変化見られない、または改善しない場合は

調整の範囲を超えますので、

油面(ガソリンが濃い)・パワーフィルターの目詰まり(吸入空気量が少ない)等

他の原因を探る事。

2017/01/19
記事内容に誤りがありましたので訂正致しました。
ご指摘頂き有難う御座いました!

吸い込む空気の量が減れば、必然的に燃料は濃い状態に陥ります。

また、油面が高い場合も同様に燃料が濃い症状となりますので

安易に同調調整だけですべてが良くなるとは考えないように。

同調調整は、あくまで調整項目の1つであり、基本的な部分でもあります。

キャブレターはそんなにくないですー。

せっかく調子が良いのに、ヘタに自分でさわってしまい

調子が悪くなってしまう事もありえますので、

こういったキャブレター廻りの作業は信頼のおけるショップに依頼する事を

強く、強く、お勧めします。

では本日はここまで。

最後に閉店時のTODAYのグリップ表面温度をお知らせ。

TODAYのグリップ表面温度

21.4℃

さぁ~明日は長男(ワイフも)の誕生日会なので忙しくなるよ~♪

※今日がワイフと長男の誕生日なんですよ。ホントは。

ではまた水曜日に♪


コメント

  1. きよ より:

    パイロットスクリューは締め込む(時計回り)で燃料が薄くなり、緩める(反時計回り)で濃くなると思っていました

    • centrumMC より:

      ご指摘頂きありがとうございます。

      完全に逆ですね(⌒-⌒; )
      すぐに訂正させていただきました。